newsニュース

【イベント】ここく 西麻布 Days

9月16日(金),17日(土)と宮崎から「ここく」の加藤様をお迎えし、全商品サンプルセットつきの濃厚すぎるおはなし会とこれ以上ない希少な材料での麦味噌づくり教室を企画いたしました。

【ここく紹介】
宮崎で在来種の麦と大豆を自然栽培で栽培するだけでなく、
塩も自ら船で沖に出て、きれいな海水を汲み上げて製塩し、
それら最高の原料を使ったみそ・しょうゆなどの発酵食品のほか
発酵あんこなどのお菓子を製造している会社。

<Day1:お得なサンプル付おはなし会>
麦・大豆・塩、全て自家製、種も在来種だから
話せるとても貴重なおはなし会。

知ってるようで知らない麦の種類。小麦と大麦は何が違うの?
自給率が低いと言われる大豆栽培の実際のところどうなの?
塩はいろんな売り文句があるけれど、どれが本当なの?
味噌はどうやって使い分けるのがいいの?
市販の味噌と何が違うの?
種は大丈夫なの?

…などなど、身近なのに全然知らないことばかり。普段聞くことができない生(なま)農家の声を聞くだけでも十分!…なのに、なんとなんと今回はここくの全商品を試すことができる
サンプルセット(¥2,000円相当)もついてきます。

サンプルセットの内容:ごはん麦、ごはん豆、沖の潮、
麦味噌、むかし麦茶、大麦粉
きょうははんなりお豆はん、コンセプトブック16P *写真のてぬぐいはなし

【日時】
9月16日(金),17日(土)
17:00〜19:00
参加費:3,500円
定員:各8名

<Day2:麦みそづくり教室>
麦も大豆も在来種、しかも無農薬・無肥料の自然栽培で育てたものとなれば
まず手に入らない原料です。それに加えて、塩は自ら
わざわざ船で沖に出て
きれいな海水=黒潮をくみあげ、ガスではなく
薪で2日間炊き上げた海塩。

まず手に入らないこんな素材で麦味噌を仕込みながら、
味噌の違い、発酵、そして発酵にかかせない塩についても学ぶことができます。

麦味噌2.5kgお持ち帰りいただけます
※容器が必要な方は+200円でご用意いたします。
持ち物:味噌を持ち帰るためのバッグ

【日時】
9月17日(土)13:00〜16:00
参加費:5,500円
持ち物:手ぬぐいや帽子など、髪の毛が入らないようにするもの、味噌容器
定員:8名

2022年 11月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
【ハーベストフェア】
27
28
29
30
1
2
3
【ワークショップ】お茶の発酵飲料「KOMBUCHA(コンブチャ)」を創ろう!

RECRUIT

大泉工場NISHIAZABU
スタッフを募集中!

詳しくみる

CONTACT

お気軽にお問い合わせください。
弊社担当より折り返しご連絡させていただきます。

お問い合わせ

INSIDE OUR BRAIN

大泉工場の理念発信ブログ

詳しくみる